103万、106万、130万、150万の壁とは|結局いくらまでかせいでいいのか

稼ぐ

 

扶養に入っている方なら気になる「○○の壁」。

2018年にも改正されて、しかも調べてみると”壁”がいっぱい(;´Д`)

そんな方むけに、知っておきたい「○○の壁」についてまとめました。

 

「103万円の壁」と「150万円の壁」

 

この103万円の壁は「所得税」壁のこと。

以前は、103万円が配偶者控除の上限で、103万円までなら所得税が安くなりますよというラインでした。

 

 

2018年からはパート年収が150万円までなら配偶者控除と同額の控除が受けられるようになりました。
つまり、「103万円の壁」が「150万円の壁」になったということですね!

(この「150万円の壁」については、旦那さんの収入が1,220万円を超えると控除額は0ですが、一般的な家庭だったら、ほぼほぼ「150万円の壁」ということです。)

 

 

「106万円の壁」と「130万円の壁」

 

「130万円の壁」は扶養に入れる限度額のことです。
130万円を超えると扶養から抜けて自分で健康保険料や年金を支払うようになります

 

この「130万円の壁」が「106万円の壁」に引き下げられました。

 

じゃあ、106万円までしか扶養に入れないの?!

 

と、みんながみんな106万円までになるかというとそうではなく、

・週20時間以上
・年収106万円以上
・勤務期間1年以上(見込み)
・従業員(正社員)が501人以上の企業
・学生ではない

 

この基準を満たしている人に限って、社会保険の加入が必要(扶養から抜けて自分で保険料を支払う)となります。

 

なので、正社員が500人以下の企業であれば、106万円をこえても、130万円までなら扶養に入っていられるということですね!

 

 

 

結局いくらまで稼いでいいのか

 

130万円までがベスト

 

正社員が501人以上働いている企業でなければ、130万円までしっかり働いておいたほうがよいでしょう。
で、人によっては出産などがありますので、ご自身の人生設計のタイミングを見計らって、キャリアップして年収をアップさせるのがベスト。

 

 

130万円から150万円のあいだくらいまで稼いだら?

 

130万円を超えると扶養から抜けなければいけなくなり、自分で社会保険料を負担することを考えると、150万円くらいまで稼いでも手取りはほとんど増えません。

国民保険料+国民年金でも年間だいたい約20万円の保険料負担があります。それを考えれば130万円を超えないように調整したほうがよさそうです。

 

 

じゃあ、いくらから手取りが増えていくのか

 

一般的に、年収が170万円を超えると、社会保険料の負担分を超えて手取りが大きくなるといわれています。

なので、130万円まで年収を抑えつつキャリアップのための準備期間し、タイミングを見計らって170万円以上を目指すのがよいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

ざっくりまとめるとこんな感じです。

 

扶養に入っていたって損はしたくありませんからね!
しっかり把握して、最大限のメリットを受けましょう(^^)/

 

 

では、今日もよい1日を

 

コメント