独学からでも起業はできるのか

稼ぐ

 

 

独学からでも起業できるのかどうかという問いに率直に言えば無理でしょう。
副業にはなるかもしれないけど、起業できるまでの収入を得るようになるのはなかなか難しい。

 

 

独学で起業が難しい理由

 

1.時間がかかる
2.スキルがさほど上がらない
3.収入につながるつてがない

 

大きくこの3つの理由があげられます。

 

1.時間がかかる

ひとりでやるんだから自分のペースでできるメリットはあるけれど、裏を返せばいつまでたっても進まないということもできます。
時間が経てば当然モチベーションも下がりますしね。

学習方法も参考書やネットサーフィンが頼り。探している情報がみつかればいいけど、なかなか自分がほしい情報が入ってこなければまたペースダウンしてしまいます。

 

2.スキルがさほどあがらない

人は自分ができないことにはなかなか手を出そうとしません。そのため、自分が理解できそうな範囲、できそうな領域までしか勉強しないとなると当然スキルも上がりません。

お金を稼ぐことのできるスキルまで上げるには、かなり自分に厳しく、苦痛を伴いながらでも勉強しなければいけないのです。

 

3.収入につながるつてがない

スキルがあがったとしても、収入につながる窓口がなければ起業なんてムリです。

最近はSNSなんかで宣伝したり、クラウドサービス等で”自分の得意を売る”プラットホームも増えましたが、それでもお小遣い程度や副業レベルでの収入で起業するまでは難しいでしょう。

こういうところはたいてい一見さんで、継続的な収入が得られることはあまりないからです。

 

 

 

独学からでも起業につなげるのヒント

 

では、独学からでも起業につなげるためにはどうしたらよいでしょうか。

 

独学はお金がさほどかからないかわりに、どうしても時間がかかります。

「最短で勉強して、すぐ起業してお金を稼ぐ!!」
なんて馬鹿げたことは考えず、時間がかかることを考慮したうえで、起業へ向けてのスキルアップを図っていきます。

 

そして、独学するうえでの最大の敵となるのは「一人」ということ。
ひとりであればさぼっても何も怒られません。そんなことをしてても起業が遠のくだけです。

それを打破するのが「人をまきこむ」こと。

 

ヒント1 人をまきこむ

 

誰かと一緒に勉強するのではなくて、人に相談したり、誰かに公言したりして、まわりの人に自分の目標を提示することです。

そうすれば、少なくとも怠けたときの罪悪感は大きいでしょう。

 

それに人に話せば、もしかしたら仕事を頼んでくれるかもしれない、人を紹介してくれるかもしれない、ひとりで黙々と起業を目指すよりもチャンスは格段に広がります。

 

ヒント2 営業することから逃げない

 

起業するとなると、継続的な収入が得られる状態をつくりあげなければいけません。
そのためにはやはり人と人とのつながりがなければ、なかなか得られるものではないのです。

 

何も飛び込み営業をしろといっているのではありません。

 

チャンスが巡ってきたときに

「わたしはこういうものです。ぜひわたしにお任せください!」

といえる準備をしておくことが大事なんです。

 

 

 

ちなみにわたしは営業が全くできません(笑)

自分のことをアピールするチャンスの時に「あー、名刺くらい渡しとけばよかった」と何度思ったことか。

そんなわたしでも収入につなげられているのは、知り合いのコンサルタントの方のおかげです。
この方がわたしとクライアントさんをむすびつけてくれているからです。
(わたしもこのつてがなければ今でも無収入だったと思います)

 

もちろん最近は自分でも
「わたし、グラフィックデザインやってます!
チラシとかメニューとか作れますので、いつでも連絡ください!」とチャンスをつかむために自分発信しています。
(継続的収入にはまだなっていませんが、いくつか単発の仕事はいただけました)

 

 

結論

 

独学からの起業はかなり難しいです。

 

起業するのであればできるだけローリスクに
・本業のかたわらで副業として始める
・収入のつてがいくつかある

など多少時間がかかっても、確実に進めるべきです。

また、独学で勉強した分野に転職して実際に働いてみるのもいい方法ですね。
実践的スキルもあがるし、あわよくばお客様も獲得できるかもしれません。

 

 

 

最近は起業するのが身近になりましたが、それでもリスクはつきもの。
なるべくリスクを少なくして、「自分のやりたい仕事」をできる状態にしていきましょう。

 

 

コメント