節税への近道|課税所得を減らす方法

節約

 

 

節税したいけど、かしこい節税方法ってなに?
どうしたら税金の支払いをおさえることができるの?

と確定申告をする人なら必ずぶつかる疑問。今回はその疑問を解決していきましょう。

 

 

そもそも「節税」って何?

 

よく節税節税といわれますが、これは何の税金を節約しようとしているのでしょうか。

 

 

答えは「所得税」です。

 

 

所得税というのは、稼いだら稼いだ分だけいっぱい税金払ってねという「累進課税制度」になっています。(税率は5~45%と幅広です)

 

 

で、確定申告をする上で

「売上」ー「経費」=「所得」という計算式なんですが、この「所得」というところに税金がかかってきます。

 

つまり、節税するためになるべく「所得」を少なくすれば、支払う税金が少なくなるというわけですね。=「課税所得」を減らす

 

 

所得を抑えるための方法は2つ

 

所得を抑える=節税するための方法は2つあります。

 

1.経費を多くすること
2.控除をたくさん使うこと
です。

1.経費を多くすること

 

「売上」-「経費」=「所得」

ですから、経費を多くすれば所得はもちろん減ります。
しかし、わたしはあまりこの方法をおすすめしません。

 

詳しくは節税のために経費で落としまくるのは賢くないで説明しています。

 

 

2.控除をたくさん使う

 

実は経費以外にも所得を下げるものがあります。
それが「控除(こうじょ)」です。

 

控除には14種類ほどあり、

「売上」-「経費」-「控除」=「所得」

という計算式になり、控除をたくさん使用できれば所得をさげることができます。

 

 

 

例えば、「基礎控除」はだれでも38万円経費と同じように引けますし、「生命保険料控除」は最大で12万円控除されます。

また、ふるさと納税は寄付金控除という項目で2,000円を超えた額が控除されるようになります。

(下記表参照)

<人に関する控除>

<生活などに関する控除>

 

最低限「基礎控除」の38万円はつかえるので

 

 

ちなみに、今回は個人事業主の向けにお話ししていますが、もちろん会社員の方にもあてはまります。

 

「扶養控除」「配偶者控除」など人に関する控除は年末調整でできます。

「医療費」「寄付金」「雑損」などは、年末調整後確定申告が必要になりますが、お金が戻ってくると思えばやらなきゃ損ですね。

 

 

まとめ

 

今回は

・「課税所得を減らす」ことが節税
・節税するためには ①経費を多くする ②控除をたくさん使う
・無理やり経費を増やす方法はかしこい節税方法ではない

 

という内容の解説でした。

節税は支払う税金を減らすことはもとより、手元にお金を多く残すことが目的です。
かしこい節税方法でしっかりお金を貯めましょう!

 

コメント