「主婦から大家さんになって不労所得を得るぞ!」プロジェクトその2

スポンサーリンク
その他

不動産を買うためには、何から手をつけていいのか・・・の状態からスタートしたわたし。

ということで、まずはどんな不動産の買った方がいいのか調べてみました。

 

どんな物件がいいのか?

不動産にも「区分マンション」「戸建て」「木造アパート」「一棟マンション」があります。
どの物件がどういうメリットデメリットがあるのか簡単にまとめてみました。

 

区分マンション

区分マンションにも「単身用(ワンルーム)」、「ファミリー用」があります。

・ワンルームのほうが利回りは高い
・部屋が1つのため資産形成やキャッシュフローに時間がかかる

 

戸建て

・数百万円から販売されているので、初心者でも始めやすい
・戸建ても区分マンション同様、部屋が1つのため資産形成やキャッシュフローに時間がかかる
・利回りは高め

 

木造アパート

こちらは新築派と中古派があり
・新築は利回り8~10%くらい
・中古は利回り10~15%くらい
・販売価格が安いので、こちらも初心者向け

 

一棟マンション

こちらも新築・中古がありますが、新築で購入する人はあんまりいないそうです。
・中古でも販売価格が高い
・売却したときの利益は大きい
・銀行からの融資を受けやすい
・キャッシュフローもでやすい
・修繕費が数千万円かかることも

 

ちょこちょこ不動産の本を読みあさっているのですが、結構都心のワンルームマンション推しのものが多いんですよね。

わたしとしては田舎に住んでいるので、できればよく知っている地域や土地勘のあるところ、しっかり物件の下見ができる範囲の地域の不動産がほしいなと考えています。

 

わたしの住んでいる地域では今ファミリー向けのマンションが立ち並んでいますし、キッズスペースや最近アミューズメント施設もできました。

新幹線も開通しようとしていて(駅にもちゃんと止まります)、隣の市でも(ここも新幹線が止まります)アパートやマンションらしきものが続々とできてきています。

 

田舎ということもあり、戸建ても結構見受けられます。

 

もし自分が住むならファミリー用のマンションですね。

ただ家賃相場がだいたい4LDKとかだと9万円くらいして、実際9万円だしてまでそこに住みたいかといわれると現実的ではありません。

 

うーん、難しいですね。
もうちょっと調べて、自分に合った不動産を決めていきたいと思います(・ω・)

関連記事:「主婦から大家さんになって不労所得を得るぞ!」プロジェクトその1

コメント

タイトルとURLをコピーしました