わたしがやってみて失敗した投資ー投資信託編ー

スポンサーリンク
お金のやりくり

投資ってやはり怖いイメージをもつ方も多いはず。

 

実際に私も現在投資(投資信託とFX)やっているのですが、やっぱり最初は失敗もありました。

トータルの損失はだいたい180万円くらいw
笑えませんね(´;ω;`)

 

それでもまた投資をやっている理由としては、「お金に働いてもらう」つまり不労所得を得て、自由でお金の心配をしない生活をしたかったから。

 

でもわたしみたいな主婦の方が投資をして大きな損失が出てしまったなんて、そんなことなってほしくないので、わたしが失敗した投資から原因や反省点についてまとめました。

 

1.投資信託

この投資信託を知ったのは当時担当してもらっていたFPさんからの紹介でした。

With Asset Management株式会社という会社でした(以下 With)。
わたしはそのFPさんを尊敬していましたし、その人からお金の話しをしてもらうのが楽しかったんです。

 

で、その投資信託は自分たちの紹介でしか投資できなくて、かなりの高確率で利益がとれる。配当率はちょっと低めだけど、その分しっかり運用してくれる。

それから、元本保証とのことでした。
元本保証で出資金を集めるのは違法ということは知っていました。

 

が、その会社では、万が一元本割れした際は、会社の社長が個人として出資者と準消費貸借契約を結んで、元本を必ず返すという形で説明されていたので安心してしまったんです。

 

運用の中身として簡単に説明すると、お金を集める会社であるWithがあって、それとは別にお金を運用する会社(A)がありました。運用は(A)に委託して、出た利益をWithへというお金の流れでした。

 

金融商品取引所の登録もしてあって安全とうたっていたのですが、実際に金融商品取引所の登録は運用する会社(A)が登録されていないといけないのですが、お金を集める会社のWithのほうが登録されてあったのです。

 

それに、実際には運用なんてされていなくて、出資金を切り崩して見せかけの配当金を受け取っていた(いわゆる自転車操業)わたしたちはまんまとだまされたということですね。

 

第三者委員会の立ち入り検査で発覚して、口座は凍結され出金もできない状態でした。

 

 

説明会等もひらかれ、本当に万が一のときの「準消費貸借契約」を結んで、いつまでに見込まれていた利益も含めて返済しますという書類も手元にあるんですが、もうとうに過ぎてますw(2017年12月までに返済予定でした)

 

 

そのFPさんもだまされてたんですけど、その人を信じ切ってしまって全く疑おうとしなかった自分が一番いけなかったと思います。

 

投資はシンプルであるはずなのに、わざわざ複雑にしているのは何か裏があるから。
他の人にきちんと説明できないようなら、その投資に手を出してはいけないということですね。

 

 

この会社の運用方法も聞けばなんとなくわかるのですが、人に説明しろと言われると確かに難しい運用方法でした。

 

なので、安易にその人だけを信用するのではなく、他の人(投資をやっている人)にもアドバイスをもらうことが大切です!

 

そしてそれを聞き入れる耳ももっておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました