私生活 あおきママについて

【子育ての悩み】まだ3歳なのに目が悪いかもしれない

一番下の子がよく目を細めて物を見ていました。
おそらく目が悪いんだろうなとは薄々感じてはいましたが、まだ言葉もちゃんと話せないから検査をしても視力がわからないだろうと思って眼科には行っていませんでした。

しかし、3歳半健診の際に
「視力検査で近視の疑いがあるので受診して下さい」

といわれ、紹介状をもらって眼科へ。

いずれかは行かないといけないと思っていたので、きっかけをもらったという感じでした。

仮にめがねをかけないといけないと言われても受け入れようという若干の覚悟を持っての受診でした。

初めての眼科

初めて受診して再度視力を検査をしましたが、やっぱりうまく話せないし、検査をしていくとだんだんと飽きてきて真面目にしてくれず。

苦労しながらなんとなく検査をしました。

視力検査も何度か通院していく中で慣れていくというスタンスでやっていきます。

屈折検査時にうまく目を見開いて見ることができなかったので、目薬を処方して後日又検査することになりました。

目薬を3日間ほど点眼して、瞳孔を開き、正確な屈折度数を調べます。

2度目の眼科

目薬の効果で瞳孔が開いた状態で再度検査。

やっぱり「強めの近視が見られる」ということでした。

目薬の効果が1ヶ月ほど持続するので、1ヶ月後にまた受診して、再度視力検査です。

3度目の受診

視力検査をしました。

今度は裸眼の場合と矯正レンズをかけたときの視力検査です。

矯正レンズをかけたときのほうが若干見えやすそうでした(裸眼の時より少し小さい絵が見えた)

でも視力が1.0には届きませんでした。
うちの子は近視や乱視が混じった「弱視」と診断されました。

弱視

めがねやコンタクトで矯正しても1.0の視力が出なければ、弱視と呼ばれます。

視力は生まれながらに備え付けられたものではありません。
きちんとピントの合った像が網膜に与え続けられることによって、年齢とともに発育し視力が得られるようになります。
しかし、視力の成長期にピントの合わない状態になる何らかの病気があると、視力が発育せず「弱視」と呼ばれる状態になります。

視力は生後3~6ヶ月ぐらいで急激に発達して、その後8歳ぐらいまで緩やかに発達していきます。



3歳児健診や就学前健診などで弱視を発見し、適切な時期に適切な治療を行えば、ほとんどの場合治ります。
しかしそれ以上になると、目の機能が未発達のまま完成しているため、視力の向上が期待できません。

弱視の治療

弱視の治療には、治療用器具のめがねを常にかけることです。

治療用器具といっても見た目は普通のめがねです。

弱視の治療で使うめがねは通常の近視のめがねと異なり、かけてすぐ見えるというわけではありません。

むしろかけてもよく見えないため、子どもはめがねを嫌がることがほとんどです。

あおきママ
あおきママ

実際、うちの子もめがねかけてもかけなくても目を細めてみていますし、本人も「見えないーい」と言っています。


しかし、常にめがねをかけなければ視力の向上は期待できません。

小児のめがねの助成制度

治療用のめがねとして用いろ矯正用具(めがね/コンタクトレンズ)の作成費用が健康保険の適用となり、療養費の支給を受けることが可能です。

めがねの購入費用のうち7割(小学校就学前は8割)が還付されます。

あおきママ
あおきママ

わが子も17,000円のめがねを購入しました。就学前真野で13,600円は戻ってきます。

実質3,400円の負担で済みました。


子どもの視力が悪いと思ったら

言葉が上手に話せなくても、眼科は受診したほうがよいです!

小さい子がかけているめがねがかわいそうという先入観を持っていたら、大事な治療の機会を逃してしまうことになりかねません。

小さい子のめがねは恥ずかしいものでもかわいそうでもありません。
きちんと理解することで親の気持ちも少しは軽くなります。

将来視力が回復が望めるのであれば、むしろ早くめがねにしてあげようという気持ちでいたほうがいいかもしれません。

-私生活, あおきママについて