【失敗談】育児こだわりすぎておちいったできごと3選

スポンサーリンク
4児ママのプライベート

 

 

はじめての子育てって、何もかもがわからなくて、ドキドキワクワクでなんだか楽しみですよね。

 

「こんな子に育てたい」「素敵なママになりたい」といろいろ理想をもち、毎日赤ちゃんとの時間が楽しくて仕方ない・・・・・・

 

 

 

なんて、夢のまた夢。現実はそんなに甘いもんじゃなかった!!!

そう感じる育児経験者のママさんたちは多いんじゃないでしょうか。

 

 

わたしのまわりにも育児に自分のこだわりを入れすぎておちいった結末を、私の経験談も含めてご紹介します。

 

 

こだわりその1:離乳食はすべて手作り

 

「おやつはもちろん使う出汁も手作り」、
「味は素材そのものので味付けはしない」、
「間食は茹でた野菜スティック」
「市販で売られているベビー用のヨーグルトは甘すぎるから無脂肪無糖のものだけしか食べさせない」

というママがいました。わたしには到底マネできないやつ・・・

 

 

子育てにこだわりまくっていた彼女。

 

 

その結果、離乳食が完了してもしばらくその子どもちゃんは味が付いたものは基本食べない。
ご飯は白米のみ。混ぜご飯やふりかけがかかっているものはNG。
ハンバーグでケチャップがかかっているのでさえイヤで食べない。

だから外食しても食べさせるものに苦労したそうです。

 

その子も少しずつ食べれるようになってくると今度は
フライドポテトしか食べない、
バナナしか食べない、
食パンしか食べない、と偏食の時期に。

 

あんだけ頑張って離乳食つくってたのに、「白ごはんおいしー」とか言われたらがっくりきますよね。

 

偏食の時期は誰だって必ずやってくるから、そこまでこだわっても自分がきついだけだと気づいたそのママは2人目以降は9か月ころから、普通に大人が食べてるご飯(茶碗蒸しや玉子焼きなど)をあげたりと、1人目と2人目の育て方のギャップがすごいです(;・ω・`)

 

 

 

 

 

こだわりその2:記念写真とりまくる

 

お宮参り、初節句、ハーフバースデー、1歳バースデーとことあるごとに写真館で写真をとっていたあるママがいました。

 

写真館での写真は高いですけど、やっぱりプロにとってもらうのでキレイですよね。
綺麗な写真を撮っておきたいという親心から記念写真をとりまくっていたのですが・・・

 

 

2人目以降全く撮らなくなったんです(笑)
やっぱりお金がかかるというのもあるんですが、1人目で満足してるみたいで、これまた1人目と2人目以降の写真の量が違いすぎるという結果に。

 

 

かくいうわたしも、一人目を妊娠しているときは月齢ごとに写真が入れられるフォトフレームがかわいくてほしい!と言っていたら「それ2人目以降もちゃんとやるの?」と旦那にぐさりといわれ。

た、たしかにわたしの性格じゃ、やらない・・・・

 

ということでさっさとあきらめがつきました。

 

 

親からしたら悪気はないんですが、子どもたちからしたらなんで自分の写真だけ少ないんだ!ってなるみたいですよ。

 

 

 

 

 

こだわりその3:保育園は1歳になってから

 

「子どもが1歳になるまでは自分でみなきゃいけない」という思いがつよく、1歳未満で預ける人をみると早すぎやろ!!と思っていたのです。

 

正直「1歳未満で預けるなんて子どもがかわいそう」といわれるのがこわくて、ダメな母親のレッテルを貼られるんじゃないかと勝手に思い込んでいました。

 

 

当然そんなことは全くなく、業務内容や経済的理由で早く復職しないといけない人だっているわけですし。

 

50代60代以降の方の中には、「えーあり得ない」と言われる人もいますが、
じゃあ、あなたが経済的に支援してくれたり、子育てを手伝ってくれるのかといったら、そんなことしてくれるわけもありません。

 

だからわたしもそんな声はきかないふりして(その時は相当ムカつきますが)、3人目は6か月から保育園に預けました。

 

実際預けてみると、保育園なんで、風邪をもらってくることはしょっちゅうですが、

・仕事をする時間(自由な時間)ができる
・育児の負担が減るので、ストレスが軽減される
・1歳未満だから、ならし保育もスムーズ
・3人目だから保育料もかからない

 

といいことだらけでした。

 

子どももニコニコで保育園へ行っていますので、まったく可哀そうでもありません。

 

 

まとめ

 

変なこだわりのせいでストレスになるようだったら、それは見直すべきです!

 

まわりの目や周囲の声ではなく、自分の心の中の悲鳴をきちんときいてあげましょう。

”きついな”と思ったら、この方法は自分にはあっていないんだと切り替えも大事です(^^)

 

「子どものため」がいつしか「自分へのストレス」に変わる前に、手抜き息抜き育児でいきましょう!

コメント

  1. みかさん。 より:

    1人目と2人目以降の差はよく聞くよねw
    なんでも初めてやけん仕方ない気もするけど、適当でもそう子は育つね🤪
    保育園は、私も行かせてよかったーって思う!!
    ご飯もパクパク食べるようになったし、バイバイとか拍手とかお辞儀もできるようになってありがたやーだよね!!
    蘭ちゃんひっさびさに会うの楽しみ😍

    • あおきママakariaoki より:

      みかさん。
      なかなか親の思ったようには育たないのが子どもらしいよ(;´Д`)
      自分たちもそうだったような気がする・・・(笑)
      わたしも1人目の時は神経質になってた!2人目以降はなんであんな神経質だったんだろうと思うくらい(笑)

      保育園はほんといいことばっかりよね!
      噛みつかれたりもするけど、行かせなければよかったなんて思ったことない(^^)

タイトルとURLをコピーしました