お金のやりくり 貯金・節約

賃貸の費用をお得にするための6つのチェックポイント

賃貸のメリットといえば

・家族構成などの状況の変化に対応することができる
・転勤になってもOK
・固定資産税などの維持費がかからない
・メンテナンスの手間がない

です。


ランニングコスト(固定資産税や修繕費等)がかからず、メンテナンスも管理会社や大家さんがしてくれるので手間もかかりません。

ただ、住み続ける限り家賃は発生しますし、家賃の他にも費用が発生します。

そこで今回は賃貸に住んでいる方も、賃貸の費用をお得にするための方法を4つご紹介いたします。

賃貸で発生する費用

敷金家賃の0~2ヶ月退去時の原状回復のための担保。何もなければ返金される。
礼金家賃の0~2ヶ月大家さんに対する「お礼」のお金。返金されない。
賃料70,000円毎月の家賃
共益費8,000円アパートやマンションの維持・管理費用のこと
保証会社加入料80,000円家賃の50%が相場
仲介手数料70,000円原則家賃の50%分
害虫駆除費・室内消毒20,000円ほぼ必要ない費用
ハウスクリーニング20,000円ほぼ必要ない費用
エアコンクリーニング20,000円7000円~12000円が相場
火災保険15,000円~20,000円年間2~3万円が相場
鍵交換費用10,000~20,000円相場はだいたい1万円から2万円ほど。
更新料賃料の1ヶ月分大体2年に一度更新料がかかる

意外といろんなところで費用が発生しますね。

上記のうちで費用をお得にできる可能性があるのが以下です。

・賃料、共益費
・礼金
・仲介手数料、保証会社加入料
・害虫駆除費、室内消毒、ハウスクリーニング、エアコンクリーニング
・火災保険
・引っ越し費用

それぞれどのくらいお得にできるのか、費用のチェックポイントを見ていきましょう。

チェックポイント1:賃料、共益費

家賃交渉される前提として少し高めの家賃にしているところもあります。

交渉すれば毎月の家賃が2,000円や3,000円は低くなりますよ!

あおきママ
あおきママ

わたしも金額で渋っていたら、家賃交渉してくれました!

「このくらいになれば契約するんだけどな・・・」という自分の基準をしっかり伝えるのも大事です。

チェックポイント2:礼金

大家さんにお礼として支払うお金ですが、仲介業者が上乗せしている場合もあります。
仲介業者ごとに見積もりを出してもらって比較をしましょう!

ちなみに、この賃貸はこの業者からじゃないと借りられないというのはほとんどありません!
「うちしかこの賃貸は扱ってないんですよー」っていうのはだいたいウソです。

だから比較見積もりは絶対必要です!!

チェックポイント3:仲介手数料、保証会社加入料

仲介手数料や保証会社加入料などはだいたい家賃の50%が相場です。

それ以上請求してくる業者がいれば要注意です。

チェックポイント4:害虫駆除費、室内消毒、ハウスクリーニング、エアコンクリーニング

この項目は、どういうクリーニング方法なのかきちんと聞きましょう。

掃除機をかけるだけとか、駆除剤をシュシュッとかけて終わりというところもあります。
正直必要ありませんし、そんな内容のものに大きなお金を払う必要もありません。

払う価値がないような内容でしたら、はっきりと不要と伝えましょう。

エアコンクリーニングも内容を聞いて必要なさそうなら削除をお願いしましょう。

チェックポイント5:火災保険

賃貸の場合でも、火災保険は選べる場合があります。

火災保険自体は加入義務があるので、全く入らないというわけにはいきませんが、金額を抑えることはできます。

火災保険を自分で選べる場合は火災保険の一括見積もりサービスを利用しましょう。

相場では年間2~3万円かかりますが、半分くらいになる可能性は十分にあります。




チェックポイント6:引っ越し費用

引っ越しの際はかならず比較見積もりが絶対必要です。

わたしも引っ越しの時に使ってみました。


そのことについてちょっと詳しく書きますね。

比較見積もりの申し込みをして、わりとすぐにメールにて連絡がきました。

よく耳にする大手が2社(A社、B社とする)、ちょっとマイナーなのが2社(C社、D社とする)の計4社の見積もり比較です。

AとBの2社は「大型荷物のサイズ(我が家の場合食器棚と洗濯機と壁面のテレビ台)のサイズがわからないとちゃんとした金額はでません。なので一度訪問させてください」とのこと。

C社は概算として2万5000円、D社は概算として1万9800円。

A社とB社にも家に来てもらって食器棚などのサイズをチェックしてもらいました。
まずは、A社が来てだいたい4万円。
次にB社が来てこちらもだいたい4万円。

A社もB社も変わらなかったし、D社にしようかと思っていたのですが、B社が結構しつこく帰らない(笑)

でもこちらも金額が高いのがネックだったので、しぶっていたら、値下げをしてくれました。

「エアコンの取り外しと取り付け工事込みで2万3,000円でどうでしょう」

最初とくらべたら半分!!こんだけ値下げできるんなら最初っからやってよ!という感じでした。

でも、最安のD社とほぼ変わらないし、エアコンの取り外しもついているし大満足でB社に決定しました。

比較見積もりはどこでもいいと思いますが、わたしが使ったのは引越し屋で比較見積もりしました。

2月3月になると繁忙期でかなり金額が高くなってしまうので、見積もり比較して少しでもお得に

まとめ

賃貸の費用をお得にするためには、

・各費用の細かい内容もしっかり聞く
・いらないもの(不必要な費用)はいらないとはっきり伝える
・比較見積もりをかならず取る

ことが大事です。

どんな業者でもかならず見積もり比較をするようにしましょう。


-お金のやりくり, 貯金・節約